果てしなくスローリー。

文章を書くのが個人的には非常に苦手です。
整理整頓して理路整然とした内容にする、というのが多分苦手なのか。それとも、ただ単に語彙が足りないとかそういう方向性なのかはさておき、苦手なものは苦手なんですよ…という話。実際、小説書きでもないのだから当然かなあとは思うわけですがいやはや。
そんな文章書きを果てしなく尊敬しており爪の垢の一つでも煎じて飲むべき的な人間ではあるものの、今回、ちょっとしたSFチックなSSにチャレンジ…と相成りました。
これは設定自体は随分前から出来ていた品で(それこそ、去年の秋頃ぐらいにはかなりの設定が組まれていた)、何時か形にしてみたいもんだなあと思っていたお話。でもSFチックな絵なんて(キャラならともかくマシン系は)さっぱり描けません。機械とか好きなくせに描けないんですよ…何か生き物っぽくなるというか。(…。)
そんな訳で、苦し紛れにSSに逃げてみる。
とはいえ、そんな本格SFチックではないのでご安心を。何かそれらしい用語とかは追々出てくる(いや、既に今回の時点で出てますがな)かとは思いますが、そんな難しいもんじゃない…はず。まあ、わからない物が出てきたらその時は説明を雑記なり専用ページなり作って紹介していく予定ではあるので、お付き合いください。(苦笑)
ちなみに、不定期更新予定。
元々、文を書く人間じゃない上に筆が遅いので許して欲しいもんですよ…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">